自動車を運転していると、「自動車を使用したままで即日融資可能」という立て看板やお知らせがあちこちで見ることが多いと思います。これらの宣伝看板は、自動車を担保としてお金を融資する広告であることが多いでしょう。車担保融資と呼ばれている言葉は、聞いたことがあっても、実際にどういうローンのスタイルなのか割と知らない人も多いようです。車担保融資とは、それほど少数派のローン方法ともいえるはずです。車担保融資では、車を担保にすることで、クルマの現時点の査定額を出し、その査定範囲の中でローンキャッシングを原則として行っています。通常のクルマ買取専門店での査定と同じように、古い車や改造車であると、査定金額が安くなってしまうことがあるはずですので自動車を担保としてお金を融資を受ける場合には知っておくといいと言えます。車担保融資は、「クルマ」という目の前に存在するするものを抑える方法ですので、貸金業者などでキャッシングができなくなった人でも直ぐに査定限度内でのキャッシングを行えるようです。さらに、銀行や消費者金融でのローンには様々な手続きの流れや審査がありますが、自動車という自分が持つ価値のあるものを利用して行う融資ですから、そういうものが必要ないこともあるようです。つい最近では、愛車を担保としてローンを受けても、クルマを今まで通り継続して保持することが出来る車の担保融資も増えてきていると言えます。けれども、この融資方法のデメリットとしては、車の査定内容にローンの価額も影響するので、所持する車によって、自分自身が期待する上限額の融資を受けられないということも多いようです。クルマを担保としますから、万が一返済が遅れてしまった場合は、即座に愛車を売らなければならないという、デメリットとなります。クルマが生活の必需品である土地柄では、愛車を、担保とするローンの手段は、かなり危険が高いといえるかもしれません。